Google/Yahoo検索で上位表示されることは、沢山の見込み客が訪問します。
最適化は、間違いなくビジネスに直結します。

インターネットでの検索による、購買及び情報の取得は当たり前になってきています。しかも、スマートフォンの急増によりその傾向が顕著に見られ、「○○商品の安いSHOPは」「近くに歯科医院はないかな?」「○○の、美味しいイタリアン」など、検索して何らかの行動を起こすお客様は本当に多くなっています。この検索にヒットすることが非常に大切であることは言うまでもありません。Google・Yahoo等の検索で、上位表示されると沢山の見込み客が訪問し、ビジネスに直結します。弊社の実験でも1ページの上位表示と2ページ目の下位表示では、訪問客数は80倍~100倍位の差がありました。インターネットでのビジネスで、上位表示されることは、必要不可欠な条件です。

お店にとって、「集客」は重要な条件ですが、成約していただくことにより、初めて売上が成立します。 「取扱商品がお客さまにとってどのようなメリットがあるのか?どんな利益が生まれるのか?」 を、サイトデザインし、成約に結びつけることが大切です。

スマートフォン固有の機能を反映します。


操作しやすくサクサク動く、サイト構築をする必要があります。


サイトの内容がひと目で分かるデザインをします。


お客様のメリットを明確にします。


他社との比較、自店自社の強みを表示します。


コンセプトの違うトップページを作成し検証します。


SNSと連動して、情報拡散を狙います。



*PPC広告(Pay Per Click advertising)

お客さまがインターネットで検索したキーワードに連動して表示される広告です。費用は、お客様が広告をクリックした時発生します。その費用はキーワードの入札単価に変動し、金額が高くしかも広告内容の品質が上がると上位表示されます。

上位表示は絶対条件!!訪問客は間違いなく増えます。


スマホユーザーは、欲しいと思ったその場で検索し購買傾向が強い。


集客一件当たりのコストを想定します。


キーワードは単語又は2語までに設定します。


お客様の目的をマッチさせるため広告文を挿入します。


広告文は色々作成し、お客様の反応(クリック率)を見極める必要があります。


Googleプレイスを活用します。



PPC広告の管理画面で各数値を確認し、最高のコストパフォーマンスに最適化します。 売れた売れない等、感覚で捉えるのではなく、実績数値を元に検証していきます。

期間内のコンバージョン(成約)数を確認します。


一件当たりのコストを注視します。


キーワード毎の広告費用からお客様の目的を想定します。



[QRDM]は、お客様情報をデータベース化し、お店用にカスタマイズ、効果的にお客様をファン化するツールです。日時指定メール(お誕生日・次回来店予定)・ターゲット配信メール(エリア、年齢)・来店予約受付・SNS拡散の設置等、使い勝手の良い機能がご利用できます。スマートフォン及びパソコンで管理が可能です。